« 2010.6.6 富士山(須走口) preview | トップページ | 簡易更新 »

惨状

ある意味アイスバーンよりキビシー

                                     

                                          

と思いました。

Dscf1816

日曜日の須走口(御殿場口寄り)の大斜面。

そのひどさは過去に見たことがないほど。
でこぼこ。ギザギザ。
縦だか横だかわからない(たぶん網の目状の)溝。
(写真では良くわかりませんね)
時に20~30cmの段差を伴ない、突き刺さらないように必死。
逆反りJJ履いていて良かったです。いやホント。

波乗り感覚ぅ~ なんて最初は思ってたけど、笑えないほど
シビアでした。雪が柔らかかったのが幸い。

ま、なんだかんだ言いつつも、途方に暮れたように停止した
スキーヤーさんたちをごぼう抜きにして、九合目からの標高
差750mを10分ほどで滑ってしまったのですけどね。
ロッカースキーは偉大です。
次はセンターを絞って100mm位のが欲しいものです。

« 2010.6.6 富士山(須走口) preview | トップページ | 簡易更新 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惨状:

« 2010.6.6 富士山(須走口) preview | トップページ | 簡易更新 »

kitaca

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想